礼金とはなにか

礼金は何のために支払われるのか?

マンションやアパートの部屋を借りるときに、大家さんに礼金を支払うことは多いでしょう。礼金とは、その名の通り部屋を貸してくれた大家さんへ感謝を示すために支払うお金です。賃貸住宅が少なかった昔は、部屋を借りるのも一苦労でした。そのため賃借人は、部屋を借りたときにお礼の気持ちとして大家さんにお金を払っていました。その名残が現在も礼金という形で残っているのです。
礼金は家賃1ヵ月分としているところが多いです。しかし、中には礼金なしという物件もあります。物件オーナーにとって一番避けたいのが空室を作ることです。そのため礼金を0円に設定することで、少しでも入居者を呼びやすくする狙いがあるのです。一般的に礼金は、賃貸契約時に不動産業者を経由して大家さんに支払われます。

礼金と敷金はどう違うのか?

礼金と一緒に支払われるのが敷金です。敷金は、部屋を退去するときに、生活中にできてしまった傷を修繕する費用に充てられます。修繕にかかった費用を差し引いて残った額が賃借人に戻ってきます。修繕費ゼロなら敷金がまるまる返ってくることになります。多くの賃貸住宅で敷金と礼金は同じ額になっています。敷金は戻ってくることがあるが、礼金は戻って来ないものと覚えておきましょう。
また敷金も0円の物件がありますが、礼金と違って注意が必要です。物件によっては、敷金はとらないけれど退去時にクリーニング代を請求するところもあるためです。礼金・敷金がゼロの代わり、家賃にいくらか上乗せしているパターンもあります。礼金・敷金0円についてはあまり固執せず、自分が気に入った部屋を借りるのがベストでしょう。

© Copyright Expenses Sapporo Lease. All Rights Reserved.