防犯設備が設置されている住宅を選択

防犯カメラがある住宅を選ぶ

賃貸住宅を選ぶ時のポイントはいくつかありますが、その中で重視したいことの一つは防犯設備が設置されているかどうかといった基準になります。多くの人は、賃貸住宅を決める時に駅からの距離や家賃の安さで決める傾向が見受けられます。ですが、それに加えて防犯対策がどのようになっているかを考えることは生活をはじめてから重要なことになるでしょう。

賃貸住宅の中で防犯対策として重要なものになるのは、防犯カメラになります。ある程度大きなところならば建物の何カ所かについていますが、それほど大きくない建物でも入り口付近あたりに防犯カメラが設置されているのが望ましいです。カメラを設置することで、泥棒をしようとする人の心理に圧迫を加えることができ未然に犯罪を防止することができるでしょう。

侵入しやすい経路がないかを見ておく

泥棒は、賃貸住宅に侵入するときは侵入しやすい経路を確保します。同時に、逃げる時の経路を確保しているのもポイントになるでしょう。わざわざ捕まるために泥棒をする人はいませんので、必ず入る時と出るときのことは考えています。それを基準に考えれば、賃貸住宅の中で狙われやすいのはフェンスなどが全くないところでしょう。駐車場から簡単に入れてしまうところやそもそも駐車場自体にだれでも立ち入りすることができるようなところも、狙われやすいです。 もっとも狙われやすいのは1階の部屋ですが、ベランダだけでなく玄関の入り口の入りやすさなども見ておく必要があります。オートロックなどが一つあるだけで、ずいぶんと侵入を防ぐことができるようになるでしょう。

© Copyright Expenses Sapporo Lease. All Rights Reserved.