敷金とはなにか

敷金の意味や支払い方法

敷金とは、部屋を借りるときに前もって大家に払うお金のことをいいます。敷金には、家賃を支払えない場合に預けておく担保金という意味と、汚れやキズをつけた場合の修理費という2つの意味があります。家賃の1ヶ月くらいが目安となっており、消費税はかかりません。賃貸契約時に、不動産会社を通じて支払うのが一般的です。不動産会社にもよりますが、まとまったお金がない場合は、クレジットカード払いも可能となっています。また、基本的に敷金は、退去する時に戻ってきます。そして最近では、敷金ゼロの物件もあります。通勤通学時間がかかるなど、借り手が見つからない場合は、長期間の空室を避けるため、敷金をゼロにして入居者を募集しています。

敷金が引かれるのはどのようなときか

退去時に敷金は戻ってきますが、その際のトラブルは非常に多くなっています。それは、修繕費がどちらの負担になるかで揉めるからです。例えば、エアコン・風呂・トイレなどは、普通に使った上での故障は大家の負担となりますが、手入れ不足による故障は入居者の負担となります。また、壁紙・クロスについては、日焼けなどの自然消耗や画鋲・ピンの穴は大家の負担で、タバコのヤニ・汚れ・釘穴・ネジ穴は入居者の負担です。そして、フローリングや畳は、日常生活での細かい傷などは大家の負担となりますが、大きな傷やへこみは入居者の負担です。他にも、鍵においては、破損・紛失がない場合は大家の負担が基本です。トラブルを防ぐためには、敷金の意味を正しく理解しておくことが大切です。

© Copyright Expenses Sapporo Lease. All Rights Reserved.