耐震強度が強い住宅を選択

築年数が新しい賃貸物件は耐震性能が高い

建物を建てる時は、建築基準法と呼ばれる法律に基づいて建てられます。時代によって法律改正が行われていて、法律上は建築時の基準に合致していれば違法な建物にはなりません。現在は耐震基準が厳しくなっているので、新たに建てられる建物は耐震性能が高く、古い建物は新しい耐震基準を満たしていないものもあります。賃貸物件を選ぶときにはできるだけ安全に暮らせる物件が良いので、耐震強度が高い新しい物件を選ぶと良いでしょう。新しい物件の中には他の物件との差別化を図ろうとしているものもあります。免震機能を備えているものや制震機能が付いているものもあります。倒壊しにくいだけでなく揺れにくいので、家具などが倒れにくくさらに安全と言えます。

木造よりも鉄筋コンクリート造りの賃貸物件を選ぶ

日本家屋といえば木造が多く、新築の一戸建てでも多く見られます。木の香りやぬくもりを感じやすく、より自然な住まいを実現してくれます。マンションなどの高層建物になると木造で建てるのは難しく、鉄筋コンクリート造りになります。気密性が高く、空調などによって住環境を整えてくれます。賃貸物件を選ぶときには木造のアパートもあれば鉄筋のマンションもあるかもしれません。地震に対する安全性を考えると、鉄筋コンクリート造りのマンションの方が安心できるでしょう。最近は木造のアパートも少なくなってきて、鉄骨によるアパートが増えています。耐震面では木造よりも鉄骨造が優れていて、鉄骨造よりも鉄筋コンクリート造の方が優れています。

© Copyright Expenses Sapporo Lease. All Rights Reserved.